×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



本サイトについて

GPZ900Rは忍者(ニンジャ)の愛称で親しまれているカワサキのオートバイです。
GPZ900Rは2003年のA16を最後に生産を終了しましたが、誕生から20年以上が経過した現在でも多くのライダーから愛され続けている名車です。



このサイトではGPZ900Rのカスタム情報を紹介しています。GPZ900Rの中古車を探している方も参考にして下さい。

>>GPZ900Rのカスタムパーツはコチラ!

GPZ900R忍者(ニンジャ)

GPZ900R忍者(ニンジャ)

GPZ900Rは1984年から2003年まで生産されたカワサキのオートバイ。北米仕様のGPZ900Rに付けられたNinja(ニンジャ)というペットネームは、今でもGPZ900Rを指す代名詞となってます。
GPZ900Rは1984年1月に全世界で一斉に発売されました。新しく設計された908ccの排気量で115psを発揮する水冷第一世代のDOHC4バルブエンジン、空気抵抗を抑えるフルカウリングと16インチホイールの採用など、当時としては最新のテクノロジーを集約したGPZ900Rは「世界最速」の座を手にして、多くの国で「ベストモーターサイクル・オブ・ザ・イヤー」を獲得しました。また、日本国内向けには同年の春にエンジンのボア×ストロークを70mm×48.6mmとし、排気量を748ccとしたGPZ750Rが発売され、900同様の人気を博しました。

>>GPZ900Rのカスタムパーツはコチラ!

GPZ900Rはモーターサイクルの歴史のなかで、他に類を見ないほどのロングセールスを誇り、エンジンや車体、外観などには大きな変更を受けることなく、2002年までに累計80,000台以上が生産されました。GPZ900Rは誕生から20年以上が経過した現在でもNinja(ニンジャ)の愛称で多くのライダーから愛され続けている、数少ないオートバイです。

GPZ900R
GPZ900Rの遍歴
GPZ900Rカスタム
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト
お問い合わせ

プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

経済